若い女性
  • ホーム
  • 人気の低用量ピルであるトリキュラーは女性の強い味方

人気の低用量ピルであるトリキュラーは女性の強い味方

考えている女性

トリキュラーは日本で人気のある低用量ピルです。
多くの女性が避妊や月経のコントロールに利用しています。
三相性と呼ばれるタイプで、成分の量が異なる3種類の薬から構成されています。
女性本来のホルモンバランスに近づけた配合量となっていて、副作用も少ない効果の高いピルです。

主成分の卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルにより、カラダを妊娠時と同じようなホルモン状態にします。
その結果、排卵をしなくなることで月経をコントロールし、ほぼ100%の確率で避妊することができます。

トリキュラーは数字のかかれたシートに封入された小さな錠剤で、数字通りに毎日飲む必要があります。
21錠入りシートと、28錠入りシートがあります。
それぞれの服用方法ですが、21錠入りシートは一枚分を飲み終わると、7日間休薬期間があり、そのあと再び飲み始めます。
この7日間に通常の月経より少ない出血があります。
28錠入りのシートは飲み忘れを防止するために7錠の偽薬が含まれており、シートを飲み終わると休むことなく次のシートのピルを飲み始めます。

トリキュラーは避妊に可能な程度の少量の成分が配合されています。
また、三相性で本来のホルモンバランスに似た成分の配合量となっているため、副作用が少ないのも特徴です。
ただし、個人差があるため人によっては副作用を感じる場合もあるでしょう。
症状としては、吐き気、頭痛、むくみなどです。
このような軽度の症状は2,3シート飲み続けると体が慣れてくるため落ち着くことが多いです。

トリキュラーの値段は病院で処方してもらうと1シート2000円前後です。
通販などでも販売されており、その場合は1シート1500円前後で購入することもできます。
また、サイトによってはまとめ買いができるようになっていて、シート600円程度で手に入ることもあります。

効果が高く副作用が少ないトリキュラーは、人気の低用量ピルです。
値段も安く、続けやすいので女性の強い味方と言えるでしょう。

トリキュラーは比較的に副作用が少ない低用量ピル

女性の強い味方となってくれる人気の低用量ピルのトリキュラーですが、人気の理由の一つとして副作用が少ないということがあります。
副作用が無いという旨の満足度の高さがうかがえる良い口コミも多数存在し、普通のピルでは副作用が出てしまっていたので低用量ピルのトリキュラーに変更したという人もたくさんいます。

トリキュラーはレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを含む低用量ピルで、服用することで生理痛や月経困難症や月経前症候群の改善や避妊などの効果が期待できます。
効果には個人差があるということも理解しておきましょう。
トリキュラーは婦人科で処方してもらうことも出来ますし、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトなどでも購入可能です。
通販サイトで購入すれば値段も安くてお得ですし、婦人科に通院する手間も省けます。

トリキュラーの服用方法についてですが、1日1錠を毎日決まった時間に21日間連続で服用し、7日間の休薬期間を設けます。
28日間を1周期として繰り返し服用していきます。
飲み忘れてしまうとまた最初から服用し直しになってしまいますので注意が必要です。
副作用を引き起こさないためにも、また効果を高めるためにも、用法用量を守って正しく服用しましょう。

トリキュラーは副作用が少ない低用量ピルとして有名ですが、起こり得る副作用として悪心や吐き気、下腹部痛や不正出血等の他に、発疹や頭痛などがあります。
副作用の出方にも個人差があります。
体に何らかの異常があらわれた場合は服用をすぐに中止して、早めに病院を受診して医師に相談しましょう。
様々な効果が得られて女性の強い味方となってくれる低用量ピルのトリキュラーを上手に活用して、悩みを解消させましょう。

サイト内検索
人気記事一覧