若い女性
  • ホーム
  • 低用量ピルのマーベロンとは?効果は期待できる?

低用量ピルのマーベロンとは?効果は期待できる?

マーベロンは低用量ピルの一種で、正式には経口避妊剤と呼ばれています。
マーベロンには2つの有効成分がありエチニルエストラジオールはエストロゲン、デソゲストレルはプロゲステロンと呼ばれる種類が含まれている薬です。
エチニルエストラジオールやデソゲストレルは重要な働きをする女性ホルモンが知られていて、マーベロンをきちんと服用すると99%の確率で避妊することができるでしょう。

マーベロンを継続的に服用し女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)における血中濃度を一定に維持することが可能です。
ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)の分泌を抑えることにより排卵を止めることができ、子宮内膜状態を変化させ受精卵の着床などを阻害することができます。
子宮頸管粘液を変化させることから精子が子宮内に侵入しづらくなり、いろいろな相乗効果からほぼ100%の確率で避妊することができるでしょう。

マーベロンを服用し続けるとホルモンバランスが整うのでニキビや生理痛なども緩和されることがあります。
錠剤の飲む順番を気にする必要もなく生理が始まった日から1錠目を飲み、次の日は白色の錠剤を1日1錠飲み、毎日一定時間に21日間服用を続けます。
起床時や就寝前など行動タイミングに応じて服用すると飲み忘れを予防することが可能です。

服用した後は7日間薬を服用しない休薬期間が必要で、避妊を継続するなら29日目に次のシートの1錠目を飲みます。
マーベロンには21錠セットと28錠セットがあり、マーベロン28は21錠に加えて、偽薬(プラセボ)が入っています。
休薬期間も同じように1日1錠飲むので取り扱いが簡単です。偽薬は緑色になっていて本剤と間違えないでしょう。
いくつか副作用があるので事前に注意する必要があります。
婦人科でも処方してくれますが、インターネットにある薬剤サイトで購入すると安い値段で購入できるでしょう。

マーベロンは婦人科で処方可能

低用量ピルのマーベロンは、高い避妊効果が特徴の経口避妊剤です。
飲み忘れなどがなく、正しく使うことができれば、ほぼ完全な避妊が可能となります。
有効成分は、卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールと、黄体ホルモン薬のデソゲストレルの2種類です。

マーベロンを継続して服用すると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの血中濃度が一定に保たれます。
その結果、排卵を促す性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられる仕組みです。
排卵を抑制すると同時に、子宮内膜における受精卵の着床が起こりにくくなります。
また、子宮頸管粘液も変化することで、精子が子宮の内に入りづらくなり、相乗効果で高い避妊効果をもたらします。

マーベロンは経口避妊薬ですが、避妊以外にも副効用が存在し、生理痛や生理不順に悩む場合に効果的です。
そのため、強い生理痛をはじめ様々な症状が現れる月経困難症や子宮内膜症などにも利用されることがあります。

副作用としては、不正出血や乳房の張り、吐き気や頭痛などが飲み初めに多く現れます。
これらの副作用は、体内のホルモンバランスがマーベロンを服用したことで、一時的に変化するために起こると考えられているため、重い症状でなければ心配ありません。
重い副作用が起こる可能性は低いですが、血液が固まった血栓によって血管の詰まりが起こる場合があります。

マーベロンの処方を受けたい場合、婦人科やレディースクリニックなどに来院するのが一般的です。
1シートの値段は、婦人科によりますが2,500円から3,500円程度です。
処方を受ける時には、診察料や処方料などがかかることもあり、費用を抑えるために数か月分のシートをまとめて購入することもできます。