若い女性
  • ホーム
  • 超低用量ピルは体に負担がかかりにくいピル?

超低用量ピルは体に負担がかかりにくいピル?

ヤーズやルナベルULDといったピルは「超低用量ピル」に分類されるピルです。
ピルはホルモン製剤の含有量が多ければ多いほど、服用した際に副作用を起こしやすいと言われています。
なぜかと言うと、一気に体内の女性ホルモンのバランスが変わってしまうからです。

女性の身体はとても繊細で少しでも、女性ホルモンのバランスが変わってしまうと、不調を感じやすくなります。
PMSや月経困難症が起こるのも、女性ホルモンバランスの乱れが原因となっているケースが少なくありません。
ホルモン製剤を多く含む高用量や中用量のピルを服用した場合、身体が女性ホルモンバランスの変化についていけません。
結果、頭痛や吐き気といった副作用が起こります。

近年、ホルモン製剤の含有量を抑えた低用量ピルも普及していますが、このタイプであっても中には副作用を感じる女性がいるようです。
超低用量ピルと言われているヤーズやルナベルULDは、低用量ピルよりもホルモン製剤の量を抑えて作られています。

例えばヤーズの場合、エストロゲンの量は0.02mgです。
既存の低用量ピルの場合は0.03mgから0.04mgものエストロゲンが含まれています。
これだけ含有量に違いがあれば、身体への負担もかなり抑える事が可能です。
低用量ピルでも服用すると、副作用が出てしまい続ける事ができなかったという人は、ヤーズやルナベルULDといった超低用量ピルを試してみてはいかがでしょう。
どちらの低用量ピルも婦人科や、レディースクリニックといった病院で処方されています。

飲み方も通常のピルと変わりはありません。ただ、効果に制限があるのでこの点には注意が必要です。
ヤーズ・ルナベルULDは月経困難症やPMSの治療、女性ホルモンバランスの乱れによるニキビの治療に効果を発揮します。
日本では超低用量ピルは避妊目的として処方できない仕組みになっています。
避妊目的という場合は超低用量ピルではなく、低用量ピルを選ぶようにしましょう。

超低用量ピルは医師に処方してもらいましょう

ルナベルやヤーズといった超低用量ピルは、PMSや月経困難症の治療に用いられています。
もし超低用量ピルでPMS・月経困難症の症状を緩和したいという場合は、病院で処方してもらうようにしましょう。
インターネットでピルを検索すると、手軽に購入できる通販サイトがヒットする事があります。

通販サイトで医薬品も手軽に購入できる時代です。
家にいながら超低用量ピルが購入できる手軽さから、通販で手に入れたいと考える人も多いのではないでしょうか。
ネット通販は確かに簡単で手軽ですが、安全性を考えるのであれば病院で処方してもらう方法がおすすめです。

病院で処方してもらうという場合、超低用量ピルの服用方法や効果なども詳しく説明してもらえます。
ピルは飲み方を間違ってしまうと、全く効果が出ない薬です。
本当に超低用量ピルでPMSや月経困難症を治療したいのであれば、しっかりとした説明を受けられる病院で購入するようにしましょう。

病院であればルナベルやヤーズの特徴や服用方法、効果などの説明を受けられるだけでなく、万が一副作用があらわれた場合も適切な処置をしてもらえるというメリットがあります。
超低用量ピルはホルモン製剤の含有量が、非常に抑えられているタイプのピルです。
一般的に副作用が出る確率は少ないと言われています。

しかし、医薬品ですので体質などによっては、副作用があらわれる事もあるでしょう。
病院で処方してもらっていれば、他の超低用量ピルに変更してもらえたり、漢方薬などピル以外の治療法を提案してくれるかもしれません。
そして何より病院であれば偽物のルナベルやヤーズは出回っていません。
必ず本物の超低用ピルを処方してもらえるので安心です。